自賠責保険とは?

加入が義務付けられている保険

自動車はとても便利な存在ですが、交通事故のリスクもありますので慣れているからと油断することなく、安全運転を心掛けることが大切です。自動車事故が発生すると、多くの賠償金の支払いが求められることもありますが、そうした費用をすぐに用意できない人もいます。もしもに備えて自動車保険には加入しておきたいところです。自動車保険は自賠責保険と任意保険がありますが、自賠責保険はすべてのドライバーが加入を義務付けられている保険です。それゆえ、加入していないと道路を走行することはできませんし、車検に通ることもできません。原動機付き自転車の場合にも加入が必要な保険です。保険が切れていると罰金などのペナルティもありますので、期限切れには注意が必要です。

被害者を救済するための保険

自賠責保険は、交通事故に遭った被害者を救済する目的であることはもちろん、加害者の経済的な負担を抑えるためにも大切な保険です。自賠責保険は人に対しての保険ですので、自動車や物を壊してしまった場合の補償はありません。さらに自分が怪我をした場合も補償はされないことも理解しておきましょう。対人に対しても無制限ではなく、後遺障害時は4000万円、死亡時には3000万円など限度があります。事故の規模によってはこれだけでは補えず、不足している分は自分で用意することになります。それゆえ、もしもの際に備えて自賠責保険だけではなく、任意保険にも加入するドライバーは多くなっています。自賠責保険の更新は車検のときに行うことが多くなっていますので、車検切れには注意が必要です。

© Copyright Car Insurance Policy. All Rights Reserved.