任意自動車保険とは?

任意自動車保険と自賠責保険

自動車保険には2種類の保険が存在します。その内、自動車を買ったら必ず加入しなくてはならないのが「自賠責保険」です。これは強制加入ですので「強制保険」とも言われており、この保険に加入していないと車検が通らない事にもなります。

片や、個人が自分の意志で自由に加入するのが「任意自動車保険」となり、大きな違いは義務か義務ではないかという所です。

自賠責保険の目的は被害者(相手方)への補償・救済ですので、自身が死傷した場合には補償されませんし、また、車両も補償は受けられません。内容を簡単に説明すれば、傷害(限度額120万円)・後遺症(限度額4000万円)・死亡(限度額3000万円)となっています。

ただ自賠責保険だけでは補償しきれない場合が多々あり、その為に運転者の7割が任意自動車保険に加入しているのが現実です。

任意自動車保険の役目とは

万が一、自賠責保険を上回る補償金額が発生した場合、その余剰分は全て自己負担となってしまいます。そして先述した様に、自賠責保険だけでは補償しきれない事故が多々発生しており、その不足分を補ってくれるのが任意自動車保険なのです。

その内容は多岐に渡り、全て自由に選べます。主だったものは「対人・対物賠償」「人身傷害」「搭乗者傷害」「車両」などがあり、特約として故障時や物損事故時などに無料で修理・レッカーしてくれる「ロードサービス」も付けられます。内容を大きく分けて説明すると「相手への補償」と「自分や同乗者への補償」、それに「自分の自動車への補償」です。各保険会社で違いはありますが、走行距離や事故の有無、年齢、使用目的などによって金額が違う事もある様です。

事故を起こさないに越した事はありませんが、任意自動車保険は万が一に備えて、自動車を安心して運転する為の保険であると言っても過言ではないと思います。

© Copyright Car Insurance Policy. All Rights Reserved.